生命保険の内容

生命保険は多くの人が加入しているにもかかわらず、学校ではあまり詳しく習わない項目です。生命保険の仕組みについて知らない人はここでおさらいしておくことをお勧めします。

 
保険とは、皆でお金を出し合い、万一誰かに何かあったときに助け合うシステムです。一言で表すなら相互扶助となります。保険に加入した人は、保険料を出しますが、これを多くの人が出すので莫大な金額となります。

 
そして、保険料を支払った誰かが事故や地震などの被害に遭った時に、その保険料の一部を使って損害を補います。保険とは、自分に何かあった時のための備えと言いますが、実はこうして大きく見てみると、ひとりひとりが助け合っている形になります。

 
ひとりは皆のために、皆はひとりのためにという、基本的なものが生命保険で生きていることがわかります。

 
また、事故や地震はいつ起きるかわかりません。起こった時に貯蓄が満タンであればそれでいいのですが、お金を貯め始めたばかりのころに事故が起きたらカバーしきれません。

 
しかし、保険と貯蓄が違うのは、この貯蓄し始めた時期に起きた事故でもカバーができるところです。この安定性が私たちに安心を与えてくれているのです。

 
ですから、まだ貯蓄額が充分でない若いうちから保険に加入しておくと、金銭的にかなり助けてもらえます。

コメントを受け付けておりません。